カナダ トロントへ(ナイアガラフォールズ編)

※2017年10月時点の記事です

 

いよいよナイアガラフォールズへ。

 

ツアーに入りたい気持ちを抑え

バンクーバー・ヴィクトリア間と同じように

朝一番で行ってきました。

 

目次
1.ひとりごと
2.メガバス
3.ホーンブロワー・ナイアガラクルーズ
4.Elements on the falls 滝近くのレストラン
5.ナイアガラfury
6.JOURNEY BEHIND THE FALLS
7.ホワイトウォーターウォーク
8.アメリカ・カナダ国境
9.備考(まとめ)

 

 

ツアーの時間帯だと10:30くらいに滝に着くので

それだとVIA鉄道と大差なく、混雑が予想されます。

少々辛いですが朝一番が空いている、という情報を元に行きました。

前もってナイアガラアドベンチャーパスを購入しておくと

あちこちに行けて便利です。

ネットだと80ドル→58ドル(30%OFF)になりますが

現地で買っても○○%OFFの紙が窓口にあったので

あまり意味ないかもしれませんね・・・。

 

費用は

●メガバス 往復1人約36ドル(時期と時間で値段が変わります)

●アドベンチャーパス ネット予約 1人58ドル(複数アトラクションとWEGOチケット)

 

ここに昼食代、ナイアガラオンザレイクへのバス代(往復14ドル)などが乗ります。

 

メガバスでナイアガラフォールズへ

●バスディーポの中のdeparture(出発)の掲示板に

何番からバスが出るかがわかります。

乗る時は予約番号を運転手に伝えるだけでOK。

簡単なリストの紙をチェックしているだけでした。

 

一応、窓口も開いていたので空きがあれば席も買えそうですが

予約して行ったほうが確実です。

 

乗ったバスはCoach Canadaでした。(帰りはmega bus)

 

メガバス 7:00発 9時頃 VIA鉄道前のバス停に到着。

臨時のバス(?)が来ていたようですが

トイレに行っていた5分程度で出発してしまいました。

 

これを逃すと次は10時20分くらいの始発バスのみ。

(詳しくはWEGOのHPで確認を。ただ、この臨時バスは載ってないと思います。)

 

●15分ほど歩いてウェルカムセンターにへ。

田舎の住宅をのんびり歩いていましたが、リスがあちこちにいました。

 

滝の近くに着く頃には、既に団体客がわんさかいました。

朝一のバスで来てもツアーには勝てそうにないですね。

 

その後、予約していたアドベンチャーチケットを交換。

職員の対応が厚いため3組しかいなかったのに

ここでも15分ほどかかってしまいましたが

行く順番をマップに書き込んでくれたり親切でした。

 

チケットと行っても首からかけるバーコード付きのタグのようなもの。

WEGOもこのタグをかざして乗ることが出来ます。

 

ホーンブロワー・ナイアガラクルーズ

アドベンチャーチケットがあれば個別にチケットを

買わなくてもいいのでチケット窓口をスルーして列に並べます。

シーズンではないためか、割りとすぐに船に乗れました。

ちなみにこれはカナダ滝に最接近した時の写真です。

まるで嵐です(笑)

 

ただ水滴は小さいのそこまで濡れることはないと思いますが、

心配なら100均の雨具があればより安全だと思います。

 

混雑によってはスリ合うこともあるそうですが

音と水しぶきで盗られても絶対わかりませんよ・・・(汗)

 

Elements on the falls

テーブルロック方面へ歩き、昼食。

Elements on the falls 滝に1番近いレストラン。

 

11時30分~開店していますが

40分くらいに入って窓際のラスト1席でした。

 

団体客は当然、窓際の席に座れるでしょう。

中国・韓国の団体が既にいました。

 

12時30分にくらいになるとさすがに並び始めていました。

 

 ナイアガラfury(フューリー)

所要時間は約10分、入り口でカウントダウンしています。

しかし午後は13時からと知らず、ずっと並んで待ってしまいました。

 

英語のCG・アニメーションで機械から雪や雨粒が降ってきます。

ホーンブロワーで濡れなかった靴が浸水、寒かったです・・・。

 

JOURNEY BEHIND THE FALLS

エレベーターで下に降り、滝裏が見れます。

上:他にもう1つ。似たようなものです

下:滝横 迫力があります

 

そんなに時間はかからないと思います。

滝のすぐ横(画像・下)からはいい感じです。

 

ホワイトウォーターウォーク

川のすぐそばを少し歩けます。

なかなか迫力があり、オススメ。

 

たいしたことないと踏んでいたのですが

furyやjourneyよりも良いと思いました。

川のうねりがすごいです。

 

●予定変更

ナイアガラオンザレイクへ行く時間がなくなってしまったため

WEGOで戻ることに。

 

アメリカとカナダの国境を渡る

WEGO 「CLIFT ON HILL」下車。(もしくはBird Kingdom)

出るのに25セントコイン2枚(両替機あり、1・2・5・10ドルのみ使える)と

パスポート(アメリカ側入国)必要になります。

橋の真ん中(国境)

アメリカ側には公園、土産物屋があり、

アメリカ側のアトラクションもあります。

 

土産物屋はデパートのような大きいビルで目立ちます。

中ではアメリカドルのみ使用可?のようです。〈ATMあります〉

フードコートは中国料理ばかりですね・・・。

 

散歩したり休憩したりしてました。


 

●カナダ側に戻り、早めの夕食(軽食)

カジノの中に軽食を食べられる所があります。

食べてる人は1人くらいしかいませんでしたが・・・。

廃れてしまった、という感じですね。

 

まだ予約したメガバスまで1時間ほど時間がありましたが

WEGOの最終便(GREEN LINE)は17時30分前後と気付きます〈汗〉

慌ててバス停へ向かい、19時30分のバスにギリギリでした。

 

ちなみにカジノの近くにはタクシーが停まっていることが多いので

間に合わないならここで拾うのも手です。

実際、バスの出発ギリギリに乗り込んでくる人が5人くらいはいました。

 

備考

旅行の中でナイアガラフォールズが1番の不安材料でした。

その予想通り、1つ1つのアトラクションが移動も含め

思った以上の時間がかかるという・・・。


スポンサーリンク


だんだん時間がなくなりナイアガラオンザレイクに行く時間が

なくなってしまった、という感じです。

バスを降り間違わなければ1時間30分くらいはいれたかもしれませんが

かなりキツキツなスケジュールでシーズン中は厳しいですね。

 

やはり1泊してゆっくり見て回るのが理想でしょう。


 

ナイアガラの紅葉は少し色が変わっているのもありましたが

緑の葉、枯れた葉ばかりでした。

 

今年は紅葉は厳しいそうです。

トロントも緑・枯れ気味でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です