法事の必要性

いつも思うことがあります。

「法事」って本当にやる意味あるのだろうか?と。

 

幽霊がどうとか天国がどうとか・・・わからない人にはわからないですし。

 

葬式は必要なんじゃないか、とは思いますが

○周忌とか必要なのか?といつも思います。

お坊さんがお経を上げて、うんたらかんたら言って終わり。

これで本当に供養になっているのか、いつも疑問です。

 

本当にその人を思っているならいつでもお墓参りにでも行って

線香を上げればいい話ですし。

 

それすら面倒だと思うなら、その人に対する想いは

その程度だった・・・ということになると思います。

 

単に私が人と関わり合いたくない気持ちが強いせいかもしれませんが

目に見えないものにお金をかけてもなぁ、と。

 

旅行行ったりするのは得るものがありますが、法事は・・・。

毎回毎回、嫌な気分になるだけでうんざりするだけ。

 

親戚に嫌いな人がいるのもありますが、

なぜ毎回、私に「今何してるの?」とニヤニヤしながら聞いてくるのか

自分が不甲斐ないせいもあるでしょうけどね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です