絵を描く時の手汗対策

いつの間にかもう7月・・・になりましたね。

暑い毎日ですが、がんばって描いてます。

 

ただ、私は腕汗がすごいので紙がふにゃふにゃになります。

そこに描こうとすると上手く描けなかったり線が薄くなったりでイライラ。

何か対策しなければ・・・。

 

 

というわけで、以前マンガを描くために購入していた

100均のを付けて描いてみると

 

こうなりました。

始めの内はいいんですけど時間が経つと

染み込んできてしまいますね・・・。

 

ネットで「アームカバー」なるものを探してみた結果、

完全に防ぎそうなものは見つからず結局振り出しに。

 

手袋を買って試してみたこともあるのですが、なぜか手がムズムズして

集中できないので寒い時でも手袋はできませんし・・・。

 

そこで私が行き着いたものを紹介します。

「下敷き」です

・・・何言ってるんだ、と思うでしょう

 

こう使っています。

汗は紙が吸収し、下敷きがあるため下の紙に汗は染み込みません。

 

問題点は

●汗で貼り付けた紙が汚れやすく、気になる人は嫌かも。

●下敷きの裏が汚れていると、下の紙も汚れる(黒いゴミが付く)ことがある

 

ちなみに先日、下敷きを買いに行ったら

大きいのは売っていませんでした。

(B5サイズのが下の方にポツンとあっただけ)


スポンサーリンク



そこはホームセンターだったので、代用にアクリル板を探しました

厚さ0.5mmの小さいサイズのものを発見し購入。(200円くらいです)

長方形で角が尖っていましたがハサミで丸みをもたせ紙を貼りました。

 

簡単に作れて汗対策ができるのでオススメです

下敷きの下に絵が入ってしまうと見づらいのが難点ですが

半透明のがあれば尚良いです。

 

暑いと描くのが大変ですが、がんばりましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です