フォークリフト 実技

いよいよ実技!

説明を聞き、開始

 

 

怒鳴られまくりです

 

担当している教官がイライラしやすいタイプでした

複数人を見ているので、始めのうちは

「ったく、しょうがないな」だったのに

後半になると「なにやってんだー!!」になります

 

初めて運転しているんだからテンパるのは

しょうがないでしょ・・・。

 

スポンサーリンク




 

隣の教官はマンツーマンで丁寧に教えていて羨ましかったです・・・

「ここはこうだよ。」「こうするといいよ。」

そんな優しい言葉が後ろのほうから聞こえてきます

 

対して、こちらは乗り終わった後に説教

「ここがダメだったね。」

・・・頭真っ白でまったく覚えてませんでした。

 


 

ある程度、運転に慣れてくると

教官は最初にやり方をパパッと教えた後、

離れた所で見ているだけです

この人、何してるんだろうと思ってました(笑)

放任主義という言葉がピッタリの教官。

 

ただ、さすがに一日乗り回していると不思議なもので

曲がるのすら苦戦していたのがスイスイできるようになります

 

内容としては基本操作(曲がったりバックしたり)

荷役操作(安全確認、重い荷を持っての走行、操作)

バック走行や8の字など

 

3日間の実技は、ほとんど操作に慣れるために

同じことを繰り返しますが、あっという間に飽きてしまいました・・・

 

そして集中力が切れた所で

盛大にクラッシュ、怒鳴られ

空気が最悪になります

 

私が一番多くドカドカぶつけまくりで、本当に情けなかったです

他の人はスイスイ。自分はノロノロ。

 

スポンサーリンク




 

最後の試験は無事に通過できましたが

教官は渋い顔してました

 

せっかく取ったのに活かせそうもありません(汗)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です