javac -versionのpath

なかなかPATHが通らずに苦戦していました。

 

ちなみに1回投げています…(汗)

 

散々調べてもまったく進展しなかったので…

その奮闘振り(?)を一応、残しておこうと思います。

 

※ただ私は素人なので、ほとんど憶測です。

それに加え、いろいろな情報を見たので

間違っている可能性もあります。

javacのPATHが通らないのは

●jdkのバージョン

●PATHが通っているか

この2点だと思っています。

 

現在(2018/3月時点)でjdkは9.0.4がありますが

対応してない場合がある?とのこと。

 

調べると多くのサイトで解決として扱われているのが

1.6.○などのバージョンなので

それに合わせるといいかもしれません。

(以前、9.0.4で散々いじってダメだったので…)

 

私の場合は1.8.0にしました。

あとはPATHを通すのみ。

 

基本はユーザー環境変数をいじれば

PATHが通るらしいのですが

私の場合は通らず…。


cmdでpathと打てば通ってるPATHが出てきます。

その一覧になければPATHが通っていないので

システム環境変数をいじるしかないですね。

 


システム環境変数は消したりすると

大変なことになるらしいので

システムの復元ポイントを作成してからいじることを進めます。

(復元ポイントの作成は環境変数の上、「起動と回復」から)

 

システム環境変数からPATHを編集、

私の環境では連なったPATHの後ろに

「;C:\Program Files\Java\jdk1.8.○_○○○\bin」と入力。

(○はバージョンにより異なります)

 

あとは念のため再起動してcmdから

「javac -version」と入れるだけ。

これでバージョンが表示されればOKですね。

 

正直、なぜ今までPATHが通らなかったのか謎ですが(苦笑)

無事に通ったので次に進めます。

 

結局、9.0.4ってなんだったんだろう…。

 

 

カテゴリーjava

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です