テープ起こし トライアル結果

文章に関わる仕事をしたこともなく、

テープ起こしの経験もないままトライアルを受けてきました。

 

結果はもちろん・・・

 

 

不合格です

それでも1次(素起こし)は受かったんですけどね。

2次でボロが出た形になってしまいました。

ちょっと後悔してます。

 

なぜ落ちてしまったのか

やはり経験不足は否めませんね。

 


スポンサーリンク


 

1次は素起こしでした。

自分なりに出来た!と思っていたのですが、

軽く10ヶ所は誤字・脱字がありました(汗)

 

それでも合格できたことに嬉しさを噛み締めつつ

2次(ケバ取り)もやらなきゃいけないのか・・・と、ややうんざり。

こちらは3日くらいかかりましたが、結構、楽しめました(笑)

 

しかしケバ取りをやったことがないため、

どの程度、削るべきなのか・・・かなり迷いました。

 

そして不合格の通知。改めて中身を見てみると

20ヶ所くらいはケバ取りできそうな部分がある

 

「なんでこんな適当なものを提出してしまったのか・・・」と後悔しています。

 

素起こしはテープをひたすら聞いていればOKですが、

ケバ取りはテープ起こしを終わった後

文面だけを見て取っていけばいいんだ、というのを学びました。

 

提出前はテープを聞きながらケバ取りしていたので、

どうしても感情移入してしまい、

「この言葉、取っちゃうとニュアンスが若干違っちゃう・・・」と

余計な言葉を入れすぎたため、落ちてしまったと考察しました。

 

だいたい20ヶ所以上間違えたら

不合格なのかもしれないですね。

実際、消していくだけだったので1時間もかからなかった、と

思いますが、他の人に負担がいってしまいますから。

 

また機会があれば受けてみたいですね。

 

ちなみに一番ストレスだったのは

誰が喋ってるかわからないって所です(笑)


スポンサーリンク


 

声だけで人を判別するのが苦手みたいです

例えば、某アイドルグループの声を聞いても誰が誰だか・・・(汗)

 

機会があれば、また挑戦したいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です