Amazonアソシエイト

グーグルアドセンスに通ったら次は他の広告も・・・

そう考える人は多いと思います。

 

楽天の審査はスルー状態ですが、

片やAmazonは中々の曲者です。

 

 

「グーグルアドセンス通ったくらいだから余裕だろう。」

・・・なんて甘い考えだと審査に通らないかもしれません。

 

スポンサーリンク



 

実際のところ、このブログは何度か審査に落ちています

そこで面白い体験(?)が出来たので書いていきますね。

 

なぜ落ちてしまったのか?

しっかり考察していけば答えは出る、と思います。

わからなければ他の広告が貼ってあるブログを参考にすればいいです。

 

私の場合は

●1日1記事(500文字前後~それ以上)

●目次の設置で見やすく(長い記事や見出しが多岐に渡る場合のみ)

●見出し装飾

この状態になるまで、かなり苦労しました。

HTMLも未だによく理解できていませんし、わからないことがあれば、ひたすら調べるしかないですからね・・・。

 

話がやや逸れてしまいましたが本題です。

面白い体験とは、審査に落ちた後、

特に何もしていないのにAmazonアソシエイトに通っています

 

何が悪かったのか?を考察してみると

「適当な内容で申請していたから弾かれたのではないか」

・・・と思いました。

 

申請時、紹介したい内容やカテゴリがあります。

それをしっかり選ばないから審査に落ちてしまったのではないか、と。

 

私のブログのコンセプトが「その日にあったこと」なので

「カテゴリは趣味とかゲームでいいのかな・・・」

「紹介したい内容は・・・適当でいいか。」

 

結果、ものの見事に不合格。

 

カテゴリならともかく、紹介したい内容はしっかり書くべき。

横のほうに250文字以内(うろ覚え)で書いてくださいと載っていたと思います。つまり、

「それなりの文章で、しっかり説明しなさい」ということ。

熱意があるかどうかも判断基準になり得ると思いました。

 

そうしたことを踏まえ、カテゴリを選択し、

紹介文もしっかりと詳しく書いて再び申請。

あっさり審査に合格しました。

 

スポンサーリンク



 

大切なのはブログの記事数や装飾だけではなく、

申請時にしっかりと記入されているかが重要なのかもしれませんね

 

以上です、ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です