楽天モバイルからymobileになりました。

少し設定に時間がかかりましたが

なんとかymobileに変更が終わりました。

 

ただ…やはりわかりにくいですね。

 

今回はSIM+「スーパー誰とでも定額」を申し込みました。

しかし中に入ってきた紙には

SIMの設定の仕方などは入っていません。

 

ymobileのHPへ行けばAPNの設定の仕方が載っています。

 

ある程度パソコンやスマホの設定はできるよ!という方なら

問題ないかもしれませんが初めての方だと

ちょっと難しいかもしれませんね。

自動で設定されることもあるようですが

私の場合は手動で設定しないとダメでした。

 

アンテナが立っていてもネットに繋がらず…。

LTEのマークがつかないとダメですから

ymobileのHPを見ながらしっかり設定しましょう。


 

ymobileの上部、製品からSIM→SIMカード、

右すぐ下に設定・使い方ガイドがあります。

 

あとはandroidかiphoneを選択して、その通りにすればOKです。

上手く設定できればネットに繋がると思います。


 

ちなみにスーパー誰とでも定額などに入っていても

留守電を聞くのが有料だったりします。

 

ボイスアプリを使えばお金がかかりません、というようなことは

書いてありますが、よくわからないですね(苦笑)

 

転送しない設定にしておけば留守電を受け付けないと思うので

その設定に直したりもしていました。

 

さらに快適モードという厄介な機能もあります…。

データ通信量がなくなったら自動で追加(買う)システムですね。

 

これを切っておかないと通信料がなくなるたびに

快適モードの許された回数まで課金(1~14回、無制限まで選択できます。)

デフォルトでは制限モードになっているので

そこまで気にする必要はないと思いますが…。

 

さらにさらに鉄筋コンクリートの家だと

通信可能エリアに入っていても電波がやや弱いみたいです

 

以前softbankは繋がらない!で少し有名でしたから

多少は改善されているとは思いますが、まだきついとは…(汗)

 

アンテナ1~2本ですからまったく繋がらないことはないんでしょうけど

この辺りは、しばらく使ってみないとわかりませんね。

 

ymobileの注意点

2年縛り

留守電を聞くのに有料(ボイスメッセージアプリなどを使用する場合は無料で聞けるそうです。)

データ通信量の少なさと自動追加システム

 

…かけ放題無制限の選択肢は少ないので大変です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です